あなたにとって《子ども》カードの持つ意味とは 〜エンジェルカードリーディング

子ども 〜大天使ラファエルヒーリングオラクルカードアロハー!昨日は春分の日でしたね。一日で見ると、太陽と月が司る時間がちょうど半分ずっつの日。一年で見ると、太陽が牡羊座(12星座の先頭の星座)に入って、寒い季節と暖かい季節を分ける日。そんな風に陰陽のバランスが取れているお陰か、わたしは心身ともにとてもニュートラルな感じのする一日でした。皆さんはいかがでしたか?

さて今日は色々なオラクルカードの「子ども」カードを紹介しつつ、子どもに関する色々な話です-実際の子どもと、あなたの中に潜むインナーチャイルドと。

わたしの持つ多くのカードデッキには子どもに因んだカードが一枚以上含まれています。そしてそのカードにより伝えられるメッセージは様々です。

ライフパーパスリーディングのとき
人生の目的や魂の使命を尋ねているのであれば、あなたのそれは子どもに関係していて、魂が子どもとの触れあいを求めているということ(ライフパーパスリーディングについては『充実感を得るために知るべきこと』もご参考に🍀)。

子ども 〜ライフパーパスオラクルカード
ライフパーパスオラクルカードの《子ども》

仕事に関することとは限らず、ボランティアで子どもたちに奉仕する活動だったり、間接的に子どもたちの未来を明るくする活動に関わることだったり。

(現代の子どもたち)
例えば-今の時代、とても繊細な感覚を持つ子どもがたくさん生まれてきている、と世界中で言われています。そしてその子どもたちが、発達障害、ADHD(注意欠如、多動性障害)、自閉症など、色々な診断をされるとも聞きます。そんな子どもたちも含めて、子どものケアや環境作りに貢献することが、あなたの魂の使命なのかもしれません。

また自分の子の個性が際立っていたり、成長期において正常/標準/普通とされる枠から外れていたりすることで、心労の絶えない親御さんも多いようです。でも治療が必要な病気ではないということが確認できたら、それ以上不必要に不安にならないようにしたいところですよね。

不安を抱えたままではさらなる不安を招いてしまいますし、何より疲れてしまいます。どのように子どもに接したらいいのか、色々な選択肢があることを知るためにも、エンパスやインディゴ、クリスタルチルドレンと呼ばれる(感覚がとても繊細な)子どもたちについて調べてみることをお薦めします。またカードリーディングでも、前向きに過ごす為のガイダンスを天使たちから受けとることができます。

インディゴ、クリスタルチルドレン 〜大天使オラクルカード
大天使メタトロンの《インディゴ、クリスタルチルドレン》

わたし自身がインディゴであることに気づいた時のことを『あなたはインディゴチルドレンを知っていますか?』に、また(もう成長して大人になっている)インディゴに向けて作られたインディゴエンジェルオラクルカードについては『インディゴエンジェルオラクルカードに込められた想い』に書いています。ご興味のある方は是非ご一読ください⭐️

信じられないような事件が日常に起きる今の世の中。繊細な感覚を持つ子たちが、心穏やかに過ごすのはとても大変な時代です。でも問題とされるべきは彼らの繊細さではなく、この荒々しい世の中の方。わたしたち大人ができることは、子どもたちが心地よく過ごせるよう、できる限り、手を差し伸べることです。

ライフパーパスリーディング以外のとき
一方、人生の目的ではなく、恋愛や心の葛藤など、特定の悩みについてリーディングしているときに登場する「子ども」のカードは、インナーチャイルド(自分の心の中に潜む、子ども)に関する場合が多いです。

自身の幼少期、青少年期に負った心の傷がトラウマになっていることを-今もそれがまだ癒えていないことを-天使たちが「子ども」のカードを通じて伝えてきてくれるのです。

娘、子ども、息子 〜マジカルフェアリーオラクルカード
マジカルフェアリーオラクルカードの《娘》、《子ども》、《息子》

めぐさん(仮名)の恋愛事情についてリーディングしていた時にはこんなことがありました。

ロマンスエンジェルの《子ども》カードを通じてわたしが天使から受け取ったメッセージは、めぐさんのご両親が離婚しており、それが現在の彼女の恋愛観(特に男性観)に影響を与えているというものでした。そしてそれが随分前の出来事のため、ご本人はその時に受けた心の傷に今も影響を受けていることに気づいていない、ということも。

子ども 〜ロマンスエンジェルオラクルカード
ロマンスエンジェルオラクルカードの《子ども》

めぐさんからご両親の離婚のことは事前に伺っていなかったので、間接的にそのメッセージの主旨とインナーチャイルドを癒すことが現状打破につながることをお伝えしたところ、ご両親が小学生の頃に離婚されたこと、そしてお父様が残した、めぐさんの中にある男性像についても打ち明けてくれました。残念ながら、それは伺うだけでも、とても痛々しいものでした。

わたしたちはつい『自分よりもっと大変な人がいるから』と、自分の受けた傷を大したものではないかのようにしてしまう癖があります。

めぐさんも(とても辛い経験をされているにも関わらず)その一人でした。強くならざるをえない環境で育った頑張り屋さん。ついそう思ってしまうのも仕方のないことですが、自分の心の痛みは自分にしか分からないし、他人のそれと比較するのは意味のないこと。自分で労わらなければ、その傷は、心の奥底に癒されないまま置き去りになってしまいます。

インナーチャイルドにはニグレクト(気にも留めず、注意しないこと)が一番よくないので、「子ども」カードを通じて、天使たちはその幼心の傷の存在を伝えてくるのです。

心の傷、特に深い傷に向きあうのは勇気がいりますが、放置しているだけでは癒えないのも事実です。まず最初は、癒すべき傷があることに気づくこと。そしてめぐさんのように、辛かった記憶に素直に涙を流し、傷を浄化すること。気づくことができれば自然治癒力も発動されますし、心は少しずつ軽くなりはじめます。そして自分にやさしくなることの大切さを学ぶことで、インナーチャイルドは少しずつ、でもたしかに癒されていきます。

カードリーディングでは、インナーチャイルドのように、わたしたちの現状に知らないうちに影響を与えているものに気づくことができます。色々な方法を試しているけれど、どうも上手くいかないことがある方は、一度ヒーリングリーディングを試してみてください⭐️

わたし自身がエンパス(共感力が非常に強い)のため、ほんの少しでも怖いイメージを含むオラクルカードは取り扱っていません。今日ご紹介したカードのように、わたしの使用する(エンジェルカードと呼ばれる)カードはどれもかわいく優しい雰囲気のものばかりで、よくお客様にも『カードの絵』を見てるだけでも癒される、とご好評いただいていますから、ネガティブなイメージに敏感な方にも安心してご利用いただけます(『お客様の声』もどうぞご覧ください💌)。

エンジェルと一緒に、いつでもあなたの心の痛みを和らげるお手伝いができる機会を、お待ちしています✨。ヒーリングリーディングの種類はこちらよりご確認ください。ご質問もお問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。

▶︎ブログのメール購読をご希望の方はこちらをクリック
▶︎ブログランキングに参加しています。この記事が気に入った方は、応援クリックお願いします↓(春になり、わたしの好きなMotoGPが開幕!サッカーはチャンピオンズリーグのベスト8が出揃い、次は準々決勝⚽️。クリケットもT20ワールドカップが進行中。スポーツ観戦好きの私には非常に忙しい季節の到来です😊)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オラクルカード・リーディングへ 


Leave a Reply(コメント)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s