あなたはインディゴチルドレンを知っていますか?

アローハ!今回はインディゴエンジェルオラクルカードの紹介をしようと思っていたのですが、カードを紹介する前に、インディゴチルドレンとは何かという話が長くなってしまったので、第一部でインディゴチルドレンとは、第二部でそのインディゴチルドレンに捧げられたオラクルカードの紹介をします。

インディゴエンジェルオラクルカードは、自身がインディゴチャイルドであるチャールズ・バーチュー(エンジェルオラクルカード生みの親、ドリーン・バーチュー博士の息子さん)とドリーン博士親子の共同制作によるもので、インディゴチルドレンに捧げられたデッキです。

インディゴチルドレンという言葉がわたしの心の辞書に載ったのは、オラクルカードリーディングを始めた一年目、大天使オラクルカードの《インディゴ、クリスタルチルドレン》を繰り返し受けとったからでした。

《インディゴ、クリスタルチルドレン》あなたは子どもと深い結びつきがあり、特に繊細な子たちを助けることができるでしょう〜大天使メタトロンより
《インディゴ、クリスタルチルドレン》あなたは子どもと深い結びつきがあり、特に繊細な子たちを助けることができるでしょう〜大天使メタトロンより

インディゴチルドレンとは、一言でいうならば繊細で少し独特の感覚を生まれながらに持つ子どものことです。

《インディゴ、クリスタルチルドレン》を通して伝えられた、大天使メタトロンからのメッセージは『あなたは子どもと深い結びつきがあり、特に繊細な子たちを助けることができるでしょう』というもの。

自分が子どもの頃、わたしは子どもが嫌いでした。大人になってから子どもを好きになり、また野口整体の先生に子どもと遊ぶのは私の質(たち)に合っていると言われたこともあり、次第に自分から子どもに話しかけて、遊んでもらうようになりました。

でも当時、このカードのメッセージには余りピンと来ませんでした。ただ何度もこのカードを引くうちに、インディゴと呼ばれるその子どもたちのことを調べるようになり、徐々に天使たちが、カードを通してわたしへ伝えようとしていたメッセージに気づき始めたのです。

そのメッセージは、わたし自身がインディゴチャイルドである、ということでした。

インディゴの資質や特徴を色々なサイトで調べると、自分のそれは9割以上あてはまり、初期のインディゴは当時40歳弱になっているとのことで、それはまさに自分の年齢でした。

それでもそこから自認するまでには更に時間がかかりました。なぜなら、自分がインディゴであるかどうかを確認することは、自分の暗く辛かった過去をもう一度たどらなければいけなかったからです。

それでも最終的に、その気付きを認めるに至ったのは、ハワイでロミロミのクム(ハワイで伝承されるスピリチュアル・マッサージの先生)に出会ったときに、会ってすぐ「あなたは子どもに関わるお仕事されてるの?」「単に子どもっていうんではなくて、障害を持っているとされて特別クラスに通うような子どもたちとのお仕事・・?」と言われた為でした。クムとはそのときが初対面で、彼女はわたしのことを何も知らないのにも関わらず・・。

クム・カレンは人や物のバイブレーション(波動)にとても繊細な方で、『毎日、物のバイブレーションを感じてね、少しずつ置物などの角度を変えるの』と。そしてその言葉を裏付けるべく、彼女の居住空間は、ガレージセールで購入してきたという貝殻と小枝だけで出来たかわいいタペストリーや木製のホヌ(ウミガメ)の置物、ククイナッツのレイにモンステラの鉢植えなどで床から壁まで埋め尽くされているにも関わらず、混雑した感は皆無、むしろ解放された感いっぱいのとても気持ちのいい場所でした。

そのクム・カレンの、わたしの放つ波動は人と違いちょっと特殊で、さっき言ったような特別クラスの子どもたちに必要とされるもの、と言う前向きな言葉はわたしにとても勇気をくれました。そしてハワイ滞在中に、それまで気になっていたけれど購入できていなかったインディゴエンジェルオラクルカードを思い切って購入✨!そして使い始めてすぐに、これは自分のためのデッキだと分かりました。

わたしにとってのインディゴとは-
自分には何かやるべきことがあるという使命感が常にあるのにそれが何かわからないうちは、普段の生活から満足感を得られない。
生きる意味を、またどうして生まれてきたのか、そして生と死の違いは何かを深く考える。
小さい頃から自分の身体-手指の形状や動きなど-を奇異に感じる。
大人になって重力の存在を頭で理解はできても、異様に感じる。
強い共感力がコントロールできず、映画や物語の世界に入り込み過ぎ、情緒不安定になる。
意思が常にはっきりしていて、孤立しやすい。
他人が当然と思うことを当然とは思えず、また自分にとって当然なことが他人には当然ではない、ということに気付くのに時間がかかる、などなど。

インディゴエンジェルオラクルカード今の社会で生きる上では不便で不自由を感じる性質が筆頭にあげられます。またそれを人に打ち明けるのも、生まれ持った性質であり性格とは異なるということを(誤解されずに)そのまま理解してもらうことが難しいものばかり。

ドリーン博士親子は、インディゴが抱える社会生活での困難、またその魂にはこの世界に生まれる前に約束された果たすべき使命があることに気づきました。

インディゴエンジェルオラクルカードには、(インディゴの社会に対する反発心をなるべくあおらないように)この社会の枠組みからインディゴが自ら外れないように説くようなアドバイスと共に、インディゴがその魂の使命を果たせるよう、天使たちからの力強いメッセージが詰まっています。よってこのデッキには他のデッキにはない、独特のエネルギーを感じます。

自分がインディゴチャイルドであることが分かり、わたしは長年の疑問が晴れ、安堵感を得ました。ただその一方で、自分の魂に刻まれた使命を果たすことでしか、心の空虚感を、自分を満たすことはできない、という事実も突きつけられました。

でもその結果、迷いは消えました。心の声により注意深く耳を澄ませ、それに忠実に従って行動を起こし、ヒーリングリーディングというこのオラクルリーディングのサービスを始めることができたのです。

今はこのサービスを通して、社会に貢献することがわたしの魂の使命の一部だと思っています。

今までに味わったことのない、とても充実した感覚を今、抱いています。ありのままの自分を知り、ありのまま認めると言うことがいかに大事かと言うことを、この経験を通して学びました。

今日この記事を書きながら、ふと10年位前、実は人のオーラの色が見えるという男友達にわたしのオーラの色が「紫がかった青でめずらしい色なんだよね」と言われたことを思い出しました。今思えばそれはまさにインディゴ(藍色)。インディゴチルドレンがインディゴと呼ばれるのはオーラの色がインディゴだからで、インディゴチルドレンの次世代クリスタルチルドレンはオパール色、またその次世代レインボーチルドレンは虹色を放っているとのこと。

もしあなたも自分がインディゴチャイルドではないかと思われる場合は、スピラボのインディゴチルドレンのページにその特徴から対応方法まで色々と役立つ情報が掲載されているので是非読んでみてください。

以下は、わたしが特に共感する特徴です。

  • 心身ともに過敏で、子育てが大変だったと言われる
  • 幼少期から自分の世界に深く没頭する
  • 幼少期から自分の意思がはっきりとある為、反抗的で素直ではない態度をとる
  • 幼少期に悪意が理解できない為、いじめの対象になってしまう
  • 意識が高く自己主張が強い
  • 人の事を簡単に信じてしまう純粋な心を持っている
  • 人に触れられることが苦手である
  • 低い自己評価と自尊心の高さの間を揺れ動く
  • 浅く広いよりも、狭く深い人間関係を好む
  • 自分は何者なのか、悩むときがある
  • 自分にはやるべき使命があるように感じている
  • 考えすぎて、思考の迷路にはまる事がよくある
  • 世界の役に立ちたいという思いがある
  • やりたい事が見つかると、急に活力がみなぎってくる
  • 鏡で自分を見ると、驚く時がある
  • 他の人の身体的、精神的痛みを知覚する
  • 電話が鳴る前に、その相手の顔が脳裏に浮かぶことがある
  • 人が多い場所に行くと、体が重くなったり感情が乱れたりする
  • 他の人が何を考えているか分かる時がある
  • 年功序列など、旧態然とした考え方に反発を覚える

因みにわたしの場合は、上記の表現にいずれにも「とても」や「すごく」をつけてちょうどいい位な感じです。

学校の先生に行事で整列する際、ちゃんと並ぶようにと肩や背中をポンと触られた瞬間、条件反射で手をよけて先生に嫌な顔をされたり、自分の世界に没頭すると母親が自分の名前を呼んでも耳に入らないので聴覚に障害があるのではないかと思われ、病院に連れて行かれたり。エピソードは色々あります。

(後日追記:チャールズ・バーチュー氏のインディゴについての理解を深めるプログラムを受講後、インディゴをより客観的に見ることができたので、インディゴと接する人の参考になればと『インディゴとのコミュニケーションのコツ』という記事を書きました。ご興味のある方は是非こちらもご一読ください。)

もしあなたのお子さんが周囲に馴染めなかったり少し変わっているところが見られて心配されている場合は、クリスタルチルドレンやレインボーチルドレンという言葉をキーワードで少し調べてみると、お子さんの理解に役立つ情報が得られるかも知れません。

次回はインディゴエンジェルオラクルカードがどのようなメッセージを通じてインディゴチルドレンをサポートしているのか、具体的に紹介したいと思います。(※後日追記:この記事の後編▶︎『インディゴエンジェルオラクルカードに込められた想い』

最後に再度強調したいこと、それは真の自分の姿を知ること、自覚することはとても大事ということ。それは自分に対する愛であり、日々の幸せや充実感につながるのです。


エンジェルカードを通して、スピリットたちからの声に耳を澄ませ、もっとあなた自身のことを探ってみませんか?
自分のことをもっと知ってみたい!と思った方は、こちらよりお申し込みをお待ちしています。

▶︎Instagramでつながりませんか?写真から伝わってくるエネルギー、とても好きです。
▶︎ブログのメール購読をご希望の方はこちらをクリック⭐️
▶︎Facebookページをいいね!していただくと、ブログ更新情報がアップされます。
▶︎ブログランキングに参加しています。もしこちらの記事が気に入ったら是非応援クリックをお願いします↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オラクルカード・リーディングへ


Leave a Reply(コメント)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s